• パイクカー2
  • パイクカー2
  • パイクカー1
  • パイクカー3

パイクカーの専門店

パイクカーとはレトロ風のスタイリングを持つ、日本のコンパクトカーであり、 その多くは実験的なスタイリングでバブル時代を主に1980年代後半から2000年代前半をかけて 各メーカーから生産されました。 期間限定や台数限定などの車種が多く、現代でもその人気は衰えずいまだに人気を博しております。 当社ではそんな稀少になりつつあるパイクカーを専門に在庫ラインナップや修理、レストア、オリジナルカスタムを 行っておりますので、是非ご覧になってください。

フィガロの在庫をチェック

FIGARO日産 フィガロ

Be-1、パオに続き、初代マーチ(K10型)をベースとした日産パイクカー・シリーズの第3弾。 レトロ調にデザインされた小型オープンカーであり、手動で開閉するトップや、本革シートを装備。 パイクカーシリーズのなかでは唯一、ターボエンジンを搭載。コンセプトは、「日常の中の非日常」。 限定2万台で発売され、3回に分けて抽選された。
販売期間 1991年 - 1992年

パオの在庫をチェック

PAO日産 パオ

K10型マーチをベースとしたパイクカーシリーズの第2弾。
デザインは服飾ブランド「バナナ・リパブリック」のコンセプトである 『旅行やサファリの冒険気分を味わえる服』を、そのままクルマのデザインやコンセプトに置き換えたものだと言われている。 受注期間は3ヶ月として合計51,657台が生産された。
販売期間 1989年 - 1990年

BE-1の在庫をチェック

BE-1日産 Be-1

1982年に発売された初代マーチ(K10型)のシャーシを利用して開発。
現代の自動車にレトロ・デザインを応用した最初のパイクカー。 パンプキンイエロー、ハイドレインジアブルー、トマトレッド、オニオンホワイトの4色のラインナップ。 10,000台限定で販売されたが予約殺到で好評につき増生産された。
販売期間 1987年 - 1988年

エスカルゴの在庫をチェック

S-CARGO日産 エスカルゴ

VN10型パルサーバンのプラットフォームをベースとしたパイクカー。パイクカーの中で、唯一の商用貨物車。
車名はフランス語で「カタツムリ」。
2年間の受注生産で約1万600台が販売された。
販売期間 1989年1月 - 1990年12月

あなたの大事なパイクカーをメンテナンス

パイクカーは主に生産から20年以上経過しているものもあり、愛車と長く付き合ってゆくためにメンテナンスも非常に大事になっていきます。 当社カーライフオートでは生産廃止となった部品に関しても代用品やお客様のカスタマイズに合わせて施工してゆきます。 専用工場及び、熟練のリペア―や整備士も駐在しておりますので、お気軽にご相談ください。